おGさん.net  ~おじさん世代の便利帳~

ポータブルHDDのデータに突然アクセスできなくなった

ポータブルHDDが購入後2ヶ月で、HDDドライブ内のデータにアクセスできないトラブルに見舞われてしまいました。昔のコマンドプロントにあたる「PowerShell」を使ってエラーチェック・データの修復をしたところ、何とか使えるようになりました。この記事では、その時のことをまとめています。

(この修復方法はメーカー推奨ではないので、参考にされる場合は自己責任でお願いします)

 

先日購入したポータブルHDDです。

関連記事

 仕事用のデータ保存に外付けのポータブルHDDを使っています。HDDから異音が出始めたので、買い替えることにしました。ポータブルHDの劣化の具合の調べ方や、購入したポータブルHDDなどについてまとめました。[…]

 

先日購入したポータブルHDDがトラブルに見舞われました。表示はされるのですが、クリックしてもエラーが表示され読み込みません。

 

アクセスできない状況

HDD内のデータにアクセスできない状況です。

右クリック・左クリックを何度クリックしても、

場所が利用できません。
D:¥にアクセスできません。
ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません

と表示され、アクセスできなくなってしまいました。

 

エラーチェック・修復

アクセスできれば、右クリック → プロパティ → ツール → チェックでデータを補修できるのですが、今回はそれもできません。

そこで昔のコマンドプロントにあたる「PowerShell」を使って、強制的に修復してみることにしました。

 

タクスバーから検索します。

タスクバーにある🔍検索ボタンを押して、「PowerShell」と入力します。

 

PowerShellが何種類か出てきました。

Windows Power Shell ISE(x86)をクリックします。

 

Power Shell ISE(x86)を起動しました。

 

PS C:User\user>のあとに

chkdsk d: /f /r /x

と入力します。

コマンド動作
chkdsk d:Dドライブのチェック
/fファイルシステムの修復
/r不良セクターの修復
/xボリュームのマウントを強制的に解除し,ボリュームへ開かれているすべてのハンドルを無効にする

 

コマンドを入力しEnterを押すと、スキャンと修復が始まります。

エラーチェック中は、こんな画面が永遠と続きます。

 

ポータブルHDDのエラーチェック・修復が終わりました。

(エラーチェックは6時間くらい掛かりました。)

 

エラーチェックが終わると

ポータブルHDDがきちんと認識されました。

 

感想

購入当初から付属のケーブルで接続できなかったり、「ディレクトリが破損しています」といった症状が何度も出ていました。このHDD大丈夫かな?!と思っていたところ今回のデータ破損でした。ハズレを引いてしまったようです。

今回は何とか修復できましたが、信頼性が低いので別のに買い換えようと思います。

最新情報をチェックしよう!

ガジェットの最新記事8件